« マンガ「小姑おやじ」 第13話 | トップページ | マンガ「小姑おやじ」 第15話 »

2006年6月15日 (木)

マンガ「小姑おやじ」 第14話

Docu010d 小姑おやじの日常を、
淡々とご紹介するつもりが、
ついつい、
愚痴っぽく、感情的になってしまいがちなこのブログ。
(かなり気をつけてはいるのですが・・・。ごめんなさい。)

ま、よく気が付くだけに、褒めてもくれるわけで。

「そろそろ、散髪行ってきたら・・・」といわれると、
(私が行くのは美容院ですが。)

えっ、そんな見苦しい?と
あんまり気分のいいものではないけれど、
カットしても気づかれず・・・ということはありえない。

毎晩の食事も必ず褒めてくれます。
ま、確かにおいしいけどね。
コツは、いい材料と、いい調味料です!!

ただ、夕方、わざわざ電話で、
「今日のごはん、なにぃ?」と聞いてから、
「ちょっと、今日は遅くなるから食事いらんわ。」というのはやめてほしいなぁ。

魚の日は、外で食べてくるってのは、気のせい?

|

« マンガ「小姑おやじ」 第13話 | トップページ | マンガ「小姑おやじ」 第15話 »

コメント

うちの相方に「きょうの~」と聞いて、外で食べてくると、シバキ倒されます。
母としての気持ちはそうでしょうなぁ・・・。
でも、田舎で食べる魚は美味しいのですが、都会は・・・とおもっております。

投稿: 井川のみっちゃん | 2006年6月16日 (金) 21時13分

うちの場合、「目がこわい」だの「骨がめんどくさい」だの、子供のようなことを言ってます。曲がりなりにも“おやじ”だというのに・・・。ぴちぴちお魚、おいしいでしょうね。一族そろって、大阪生まれ、大阪育ちでうらやましいかぎりです。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年6月16日 (金) 23時05分

化粧をしているとニコニコしながら「ママは素顔が一番!」と言ったり→化粧品をあんまり買うなよ~との牽制か? 「その服、ママが着るとユニクロとは誰も思わへんやろなぁ~」と言ったり→500円Tシャツで十分!という意味か?等、少しひねくれた解釈をするようになってしまいました(笑)
昔々、おかずの品が少ない時や自分の好みではないおかずの時によく「卵、焼いてくれる?」と言われていました・・・
今では食べ盛り育ち盛りの息子達の胃を満足させるために量もさることながら、どうかすると肉も魚も食卓にのぼる事がありまして・・・そういう時は「歳なんかなぁ~そんな食べられへんから、こんなにおかず、いらんで・・・」と指摘を受けます。が!!やっぱり「卵、焼いてくれる?」と時折言われるのはなんでやろ???

投稿: 大和の妻♪ | 2006年6月17日 (土) 08時02分

うちは、「ソーセージ焼いてくれる?」もしくは、「味噌汁に卵落としてくれる?」です。
それもないときは、コーンフレーク食べてま-す。(それも、息子が大事に食べてるトッピンチョコを!!)
 それにしても、“肉も魚も”っていうのは、強烈ですね。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年6月17日 (土) 17時59分

 愚痴っぽくても、感情的(?)でも、それはそれでいいやん~^^
 「戦争!」って感じで、読んでておもしろいよ~(笑)

 つーか、味噌汁に卵??
 初めて聞いたよ・・・。

投稿: miyukichi | 2006年6月19日 (月) 13時51分

 イマイチ味がきまらんお味噌汁には、
薄揚げや卵(溶いても、そのままでも)、豆腐といったタンパク質をくわえると、
おいしくなるように思うのだけど。
 もひとつ言うと、薄揚げは油抜きして細く刻んでジップロックに入れて冷凍。いつでもパキッと割って、ポンで-す。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年6月20日 (火) 15時55分

野菜炒めの中に隠れるように入っている肉も「肉料理」と言っています(^_^;)すみません、見栄をはってしまいました~
味噌汁に卵!あります、あります!!たかが卵落としですが、半熟に仕上げるのが意外と難しいですよね~ 何年主婦やってんだか(笑) 友達に聞いたのですが、かきたま汁の時は卵を入れる前に片栗粉を溶いて少し入れると、卵がふわっ!つるっ!と仕上がるそうです。試してみたら、確かにそんな感じ!でも、誰一人気づきもせず・・・
これから暑い夏を迎えますが、夏の台所ってホント地獄ですよね!
子供には「むやみやたらに冷蔵庫を開けるな!」と言いながら、自分は涼を求めて冷蔵庫に顔を突っ込みながらの食事の支度です(^^ゞ

投稿: 大和の妻♪ | 2006年6月20日 (火) 17時59分

片栗粉、やってみます!!

あせって、ふつふつする前に卵をまわし入れて、
底に薄焼き卵ができてるのって、わたしだけ?

たかが卵、されど卵なんですよね。

うちも、ガスレンジ使って、ガスオーブン使って、食洗機使って、衣類乾燥機使うと(うちは台所にあるもんで。できるだけ、外出中にまわすようにしてるのですが・・・)灼熱地獄です。

それでも、一人の時はエアコンつけないので、
なんか“修行中か、がまん大会か!?”みたいになってまーす。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年6月20日 (火) 19時14分

離婚して7年。娘も大学4年で東京にいったから、ここのコメント読んでて、なんかなつかしい☆彡

かきたま汁は卵を溶いてから、ざる/こし器でこして固まりをとってから、菜箸をボールにあてて細い糸みたいに卵汁を流しいれるのが基本。もちろん片くり粉をいれておく。そうしたら、卵が均一に広がって沈みにくくしてくれます。

頑張って未来っ子を育ててね。
小姑おやじの元同級生より

投稿: 昔の主婦 | 2006年6月25日 (日) 19時58分

以前、ずぼらしてプリンの卵液をこさなかったら、表面に白身の層ができてとてもまずかったので、それ以来、カラメルは省略しても、卵液は漉すようにしてますが・・・。
 
かきたま汁の卵もこすのですか!!
なんか、プロの主婦って感じですね。

ところで、
我が家の小姑おやじ、昔はやはり小姑少年だったのでしょうか・・・。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年6月25日 (日) 22時56分

大雨の中、歯医者に行ってきました~去年の暮れ、ミルキーを食べてたら奥歯の詰め物が取れて慌てて駆け込んで治療して頂いた以来の診察。今日は先週から「なんか飲み物を飲んだらしみるなぁ~」と感じていたので虫歯を覚悟で行きました。が!何にも悪いところはなく・・・「歯茎が痩せてきてるので、歯と歯茎の境目あたりはペーストをつけずに磨く方がいいですよ。あんまり力もいれずにね!」との指摘。「老い」が忍び寄っている感じがしました・・(-_-;) 
ともちゃんは元気に帰ってきましたか?飯ごう炊さんはしたのかな?
長男の自然教室の時は、行く前に「練習!」と言って友達同士で飯ごうでご飯を炊いた事を思い出しました(友達の家の庭をお借りして・・・)

投稿: 大和の妻♪ | 2006年6月26日 (月) 12時04分

私も、親知らずが虫歯になってるような気がするのですが、怖くて歯医者に行ってません。

主人は、職場の近くにお気に入りの歯医者を見つけ、せっせと通ってます。歯がきれいになったので、ますます手入れにも熱がはいり、電動歯ブラシ、歯間ブラシ、糸ようじ、マウスウォッシュを駆使し、たしかに歯だけは芸能人のようです。

歯磨きのほか、手洗い、うがい、鼻毛の手入れ・・・あれだけ洗面台の前に長くいると、落ちてる髪の毛やら、汚れやら、気になるのも仕方ないですね。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年6月27日 (火) 14時52分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マンガ「小姑おやじ」 第13話 | トップページ | マンガ「小姑おやじ」 第15話 »