« マンガ「小姑おやじ」 第10話 | トップページ | マンガ「小姑おやじ」 第12話 »

2006年5月19日 (金)

マンガ「小姑おやじ」 第11話

Docu010aこのマンガ、最初は趣味(というか、うっぷん晴らし?)で描いていたのですが、
ひょんなことから、税理士会の支部広報誌に連載 させていただくことになり今日に至っています。
(残念ながら、所属支部変更のため次号で連載は終了いたしますが。)

これは、その広報誌の『事務所訪問コーナー』の取材を受けたときのエピソードです。

「それって、ちょっとヘンでしょ!?」という思いをマンガにしてきたのに、
このときばかりは、「ヘンなのは、わたしやったん??」と強烈な疎外感に襲われましたっけ。

そういえば、彼の監査法人勤務時代、お招きした同僚の方に
「このカナッペだけ、キューリがのってませんねぇ」
と指摘された時も驚きましたが。

やはりみなさんも彼のように、へべれけに酔った次の日、朝一番で財布の残金と割り勘額の再チェックをされているのでしょうか・・・。

|

« マンガ「小姑おやじ」 第10話 | トップページ | マンガ「小姑おやじ」 第12話 »

コメント

お早うございます!やっと静かになって月曜日だというのにホッ!としています(笑)さて・・・マンガを見てご主人とウチの主人は親戚か、はたまた兄弟か?と思ってしまいました。主人もやりますね~→財布の中身を見て何に使ったか計算している事が・・・結婚当初、手帳に記してあったのは(いけないと思いつつもこっそり見てしまった事がありまして)電車代○○ ガム○○ 昼食○○・・・と細かく書かれてあって驚きました(~_~;) しかもメモ魔。今でもはっきり覚えているのは(これも結婚当初)私がやるべき事を箇条書きされてた事!「アイロンがけ ○○へ電話 下駄箱の整理 ○○を買う・・・」用事が済んだ所を線を引いて消していくという(^^ゞ その影響か(?)長男も次男も何でもかんでもメモしています(笑) 故にたくさんのメモが溜まって、主人が又それぞれに確認するという・・・ ともちゃん、大丈夫です!私は決して細かくありません♪掃除は主人のお陰で好きになりましたが、あくまでも自分の家に限ってのみ。人様の家が汚かろうが全く気にしませんので(~o~)宜しく!! 最初は戸惑っていた事も今では当たり前に思えるんですよね~慣れですかね? 「小姑おやじ・妻の会」というのを別に作りませんか?(笑)

投稿: 大和の妻♪ | 2006年5月22日 (月) 08時38分

久しぶりに大笑いして読んでいます。
大和の妻さんと一緒に「妻の会」を作るんですか?
どうせならば、NPO法人にして、幅広く同じ人を探すのはどうでしょうか・・・・。
私は、事務局長をしながら、皆さんからいろんな話を聞きたいなぁ~。

投稿: 井川のみっちゃん | 2006年5月22日 (月) 10時00分

 もちろんウチもメモ魔です。
A4に細かい字でびっちり書かれていると、見るだけでクラクラします。
 かといって、紙のきれっぱしへの走り書きは失くしやすく、しょっちゅう探す羽目に。そうなると、メモの“内容”より、“メモが無い”という事実の方が重要らしく、捜索隊は大変です。
 メモを取ってくれるだんなさまなんて、優しいではないですか。「だからメモしろって言ってるやろ」としょっちゅう言われる私としては、うらやましい限りです。ま、私の場合、メモをとっても見るのを忘れてしまうことも多いのですが。
 『妻の会』、いいですね。ついでに『子供の会』も作って、みんなで空気を読む練習をするというのはどうでしょうか…。

投稿: 小姑おやじの妻 | 2006年5月23日 (火) 20時30分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« マンガ「小姑おやじ」 第10話 | トップページ | マンガ「小姑おやじ」 第12話 »